契約する前にWiMAXのエリアをきちんと把握しよう

契約する前にWiMAXのエリアをきちんと把握しよう

 

 

UQWiMAXに契約する前に必ず、通信可能エリアを確認してください。

 

これを確認せずに契約すると結構まずいことになりますw

 

都内であれば、どこでも問題はないはずですが、地方の山の中だと本当にWiMAXの接続が難しいです。

 

 

これは私自身経験しているからわかるのですが、

 

山の中は本当に電波がなくてつながりにくいです。

 

ですから、あなたが住んでいるところが通信エリア外であればWiMAXの契約をオススメしません。

 

WiMAXエリアの通信エリアの確認方法

 

WiMAXの通信エリアはこちらから確認することができます。

 

関連サイト:UQWiMAXの公式サイト

 

 

私だったら千葉県住みでやや都会なので、私が住んでいるところは普通につながります。

 

 

都内もちゃんとつながりますね。

 

 

 

 

しかし、地方だと全然繋がらないです。。。

 

 

やはり地方でも都市部はきちんとWiMAX回線が通っていて、都市部ではないところに関してはあまりWiMAX回線が通っていないという感じですね。

 

地図が見づらい場合、ピンポイント通信エリア判定で判断する。

 

地図が見づらい場合、ピンポイント通信エリア判定で自分が住んでいる
場所を確認しましょう。

 

 

 

通信可能エリアだとこのような表示がでます。

 

 

 

 

一般的にどのようなところだと繋がりにくいのか??

WiMAXは山、建物が密集した場所、回線の設置がされていない田舎などは繋がりにくいことが多々あります。

 

しかしもし繋がりにくい場合でも対処法はあります。

 

それはハイスピードエリアモードを使うことです。

 

ハイスピードエリアモードはUQWiMAXのW01とW02という端末のみに実装されている機能です。

 

現在、エリアを拡大しているWiMAX2+回線とLTE回線のうち電波が繋がりやすい方を自動的に選んでネットにつなげることができる機能です。

 

LTE回線の場合、auのスマホと同じエリアの回線を使うことができるため、かなり広いエリアで使用することができるのです。

 

しかも安定しているのがLTE回線の強みですね。

 

しかし、このハイスピードエリアモードでLTEを使うにはWiMAXの基本月額料金に+1000円多く払わなければいけないという条件があります。

 

そうなると、ちょっと高いかなぁ・・・というのが私の印象ですね。

 

WiMAXを契約する際は事前にエリアを確認した方がいいでしょう。

 

WiMAXエリアを事前に確認しても不安があったら??

WiMAXのエリアを確認して、一応エリア内だが、少し離れた場所にいけばエリア外になってしまう・・・そんな場合はTryWiMAXをお勧めします。

 

Try WiMAXとは??

Try WiMAXとは、「15日試しにWiMAXを使ってみることができるシステム」となっています。

 

UQWiMAX側が、WiMAXが本当に使えるかどうか不安を抱える人がいるだろうと、わざわざ借りたい人に15日送料含めて無料で貸し出してしているシステムとなっています。

 

2週間ごとに延長することって出来ないの??

Try WiMAXを借りるにあたって、15日で借りて返却して、返却が終えたらまた15日借りて...ということをしようと悪知恵を働いている方もいるかもしれません。

 

しかし、Try WiMAXは一度借りたら3カ月は借りることができないシステムになっています。

 

Try WiMAXを借りるなら注意しておけ!この2点だけは気を付けろ!

Try WiMAXは自分がWiMAXを改めて契約したときに失敗しないように15日試すシステムですが、絶対に注意するべき点が2つあります。

 

  1. 必ず15日以内に返却すること
  2. そのままUQWiMAXに契約しないこと

 

必ず15日以内に返却すること

Try WiMAXは必ず15日以内に返却することです。

 

Try WiMAXは「貸出機器を発送したから、返却含めて15日以内」なので気を付けてください。

 

つまり自宅に届いてから2週間に返却したら遅いのです。

 

機器が自宅に届くまで、2~3日、更に機器を発送してUQWiMAX側に届くまで2~3日かかるとしたら、実際にTry WiMAXを利用できるのは7日~10日程度が限界です。

 

もし、返却期限を過ぎてしまったら罰金を取られる

もし、Try WiMAXの返却期限を過ぎてしまったら、罰金が取られてしまいいます。

 

レンタル機器の種類

違約金(税抜)

WiFiルーター(クレードル無し)

20000円

WiFiルーター(クレードル有り)

22750円

 

・・・結構痛い違約金が取られてしまいますね。

 

返却は気を付けてください。

 

 

そのままUQWiMAXに契約しないこと

Try WiMAXを利用してると、端末が届いてから3日~5日後くらいにUQWiMAX側から「このままWiMAX端末に契約しませんか??」という電話が来ます。

 

そこで、迷うかもしれませんが、まずこの時点では断ったほうが賢明です。

 

断ったところで大してしつこく勧誘されたりということはないです。

 

「いや、まだじっくり考えたいので、まだ契約したくないです」とでも答えておけば「あ、そうなんですね、わかりました^^」といった具合にすぐに電話を切ってくれます。

 

この際、私の場合、電車の中で電話に出たので、後日おかけ直しますといわれ、結局後日電話が来ませんでしたが。(つまり、向こうも後日電話かけ直す気がないくらい、ここで契約させるつもりはなさそうです)

 

他のプロバイダから契約すればキャッシュバックが貰える

この電話の際に契約しないほうがいい根拠があり、それは、他社プロバイダから高額キャッシュバックが貰えるからです。

 

UQWiMAXは商品券1万円分というキャンペーン特典をやっていますが、他社プロバイダは2~3万円のキャッシュバックを行っています。

 

すると、当然、他社のプロバイダから契約したほうがいいわけです。

 

何故、他社プロバイダで契約するとキャッシュバックをくれるのか??

キャッシュバックなんて聞くと「キャッシュバック分、どこかで損するんじゃないの??」という声が聞こえそうです。

 

実際、どのプロバイダから申し込んでも「損する」ということは絶対ないです。

 

基本的にWiMAXはUQWiMAXが提供している端末、回線なのでどのプロバイダから申し込んでも性能が劣ることはありませんし、

 

月額料金もUQWiMAXから直接申し込んでも変わりません。

 

各プロバイダはWiMAXをより多く販売するためにプロバイダ間競争が起きているのでUQWiMAXよりもお徳に利用できるわけですね。

 

お徳にWiMAXに契約する方法もまとめたので是非読んでみてください。

 

関連記事:WiMAXをよりお得に契約する5つの方法!こっそりあなたに教えます

 

まとめ

 

WiMAXはつながらないエリアは本当につながりません。

 

個人的にWiMAXを利用する際は事前に自分のエリアが本当にネットにつながるのかを確認することおすすめします。

WiMAXを「一番お徳に」契約しよう??


WiMAXはプロバイダによってキャッシュバック額が数万円変わってきます。


当サイトではWiMAXプロバイダを徹底的に比較しました。


一番「お徳に」WiMAXに契約しよう!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


WiMAX2+の口コミ、評判!本当におすすめのプロバイダはどこ??