WiMAXの速度が不安定になりやすいというのは本当なのか??

WiMAXの速度が不安定になりやすいというのは本当なのか??

 

WiMAXの口コミ、評判を調べていると

 

「WiMAXの回線が安定しない」

 

「どうしても不安定になりがち」

 

といった声をよく見ます。

 

実際にWiMAXは不安定で契約しないほうがいいのか??
他のインターネット回線と比較したらWiMAXはどうなのか??
速度が不安定になったときの対策はあるのか??

 

色々疑問があると思います。
そこで、今回はWiMAXは本当に速度が不安定なのか、記事として書いてみました。

 

WiMAXは本当に回線速度が不安定なのか??

 

 


 


 

 


 

 


 

 

・・・・といった具合にWiMAXの速度の不安定さには一定数のバッシングがあります。

 

不安定なのはWiMAXだけ??

ここえd気になるのは「不安定なのはWiMAXだけなの??」という部分です。
そこで、光回線とワイモバイルはどうなのかを調べてみました。

 

光回線

 


 

 


 

ワイモバイル

 


 


 

 

上記の通り、「光回線もワイモバイルも不安定」という意見があります。

 

結局どのネット回線を使っても不安定になることはある

 

結局どのインターネット回線を使ってもネット回線は不安定になりがちです。

 

光回線もプロバイダによって不安定になってしまいますし、ワイモバイルが不安定なときもあります。

 

インターネットに100%を求めるのは無理ですね。

 

 

WiMAXの速度が不安定になる原因と対処法は??

そこで、今回はWiMAXの速度が不安定になる4つの原因とその対処法について書きました。

 

速度制限にかかっている可能性がある

WiMAXは主に2つのプランがあり、プランによって速度制限の条件が変わってきます。

 

通常プラン

  • 通常プランは7GB/月まで利用できるプラン
  • 月額3695円前後で利用可能
  • 7GB/月の利用を超えると速度が最大128Kbpsまで低下する

 

ギガ放題プラン

 

  • ギガ放題プランは3GB/3日まで利用できるプラン
  • 月額4380円前後で利用可能
  • 3GB/3日の利用を超えると最大速度が1Mbps~6Mbpsまで低下する

 

速度制限に引っかかった際、通常プランは128Kbpsまで、ギガ放題プランは1Mbps~6Mbpsまで制限されるようになってしまいます。

 

通常プランで速度制限に引っかかってしまったら速度が遅すぎて動画閲覧などは不可能になります。

 

それに対してギガ放題プランは最大1Mbps~6Mbpsの速度が出るので速度規制に引っかかっても動画閲覧、ネットサーフィンなど大半のことができます。

 

契約するならギガ放題プランをお勧めします。

 

関連記事:WiMAXの通常プランとギガ放題プラン何が違う??

 

どちらのプランにしても速度制限に引っかかったら最大220Mbpsから制限されます。

 

対処法

WiMAX速度制限の対処法は、「丸一日待つ」ことです。

 

 

上記のように「3日で3GBを超えた次の日」に速度制限がかかります。
速度制限に引っかかっている日に解除されることはありません。

 

速度制限がかかっている次の日に解除されるので待つしかありません。

 

WiMAXのエリア外の可能性がある

WiMAXが繋がりにくい場合、WiMAXのエリア外の可能性があります。

 

都心はWiMAXが繋がりやすい環境が整っているので、エリア外になることはありませんが、地方に行くとWiMAXのエリア外の地域になる可能性があります。

 

必ず、WiMAXに契約する際に自分が住んでいる地域が、WiMAX利用可能エリアかどうか確認してから契約することをオススメしています。

 

参考サイト:UQWiMAX公式

 

また、仮にエリア外だとしても対処法はあります。

 

対処法

WiMAXのW01、W02という端末には「au4GLTE回線」というauのスマホと同じインターネット回線が備わっています。

 

基本的にはWiMAXは「WiMAX2+回線」をメインで利用しますが、月額1005円支払うことによってauのLTE回線を利用することができるようになります。

 

このLTE回線は利用可能エリアが広く、auのLTE回線が利用できる場所であればどこでも利用できます。

 

ただし7GB/月までしか利用できず、7GBを超えたら最大128Knpsまで速度が制限されるようになってしまいます。

 

 

ビルの内部など混み合った場所だとつながりづらい

都会のビルの密集した場所だとWiMAXはつながりにくい状態になりやすいです。

 

実はWiMAXは基本的に「5GHz帯域」という周波数の回線を利用しており、この回線は速度が速いですが、その代わり障害物に弱い傾向があります。

 

この場合はできる限り窓側にルーターを置いたり、入り口側の席でWiMAXを利用すると上手く接続できる可能性があります。

 

他の電化製品と干渉している可能性がある

 

 

それでもWiMAXは不安定なときが多い

それでもやはりWiMAXは他のインターネット回線よりも不安定になることが多いです。

 

どうしてもWiMAX2+回線は工事中で地方だったり、大都会のビルの中ではつながりにくさがあります。

 

しかし、WiMAXには端末によっては[LTE回線」を月額1005円で利用することができます。

 

このLTE回線はWiMAX2+回線よりも安定しやすいため、WiMAX回線がたとえ不安定な場合でもLTE回線に切り替えれば問題なく使うことができます。

 

WiMAXが不安定でもやっぱり契約したいという場合、WiMAXを最安で契約できるようにプロバイダを比較しました。

 

是非参考にしてください。

WiMAXを「一番お徳に」契約しよう??


WiMAXはプロバイダによってキャッシュバック額が数万円変わってきます。


当サイトではWiMAXプロバイダを徹底的に比較しました。


一番「お徳に」WiMAXに契約しよう!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


WiMAX2+の口コミ、評判!本当におすすめのプロバイダはどこ??