WiMAXの速度が220Mbpsあるって本当??

WiMAX2+の速度は??220Mbpsの高速ネット回線って本当??

 

WiMAX2+の速度ですが、220Mbpsの高速ネット回線が使えると言われています。
本当に220Mbpsの速度がでなかったら実際、この言い方は詐欺ですからね。
本当かどうか、事実なのか、調査してみました。

 

 

キャリアアグリケーションで理論上220Mbpsの回線速度が可能

 

この220Mbpsという回線速度はUQWiMAXが全国にWiMAX2+の回線を作って
回線エリアと速度の強化をしています。

 

 

キャリアアグリケーションは複数の電波を使うことによって
片方の電波がうまくつながらなくても、もう片方の電波によって接続することができます。

 

また、両方の電波が活発なら、2本の電波を使って快適に
ネット接続をすることができます。

 

 

 

確かに、これなら、快適にネットをつなぐことができますね。

 

 

ただし220Mbpsはあくまで理論値

 

ただし、220Mbpsの速度がいつだって出るのかというとそれは大間違いです。

 

これはネット回線業界にはありがちな闇なのですが、この速度は「ベストエフォート」といって、理論上は可能ですよ、といっているだけです。

 

「最大220Mbpsの速度を出すことは理論上可能(ただし実際の端末が220Mpbsの速度で通信できるとは言ってない)」というのがベストエフォートですね。

 

 

思わず「うわっ、せこい!」と声を出してしまいそうになりますが、これはWiMAXに限らずワイモバイル、光回線、大手キャリアの携帯(au、ソフバン、docomo)は全部この表記なので、ネット回線業界はこんなもんだろ、と広い心で渋々納得するべきですね。

 

 

 

実際はどうなのだろうか??速度の口コミを探してみた

 

じゃあ、実際、WiMAXの回線速度ってどうなの??と疑問に思うところはあると思います。

 

実際はどうなんでしょう。
私はしょっちゅう測ってますが、まず220Mbpsはでないですね。

 

場所や時間帯、その時の環境次第で変化しますが、だいたい10Mbps〜30Mbpsくらいの速度が出ています。

 

「あれれ??そんなもんなの(笑)」
と失笑されそうですが、はい、そんなもんです笑

 

でも、WiMAXに限らず、光回線を始めとしたネット回線はそんなもんです。

 

大手NTTのフレッツ光でさえ、ベストエフォートで「1Gbps(=1000Mbps)の速度がでますよ!」と謳っているにも関わらず、実際は20Mbps~50Mbpsくらいの速度でいいところです。

 

つまり、基本的にネット回線業界の回線速度はあまりあてにならないということです。
実際に、そのWiFiを使っている人に聞いてみるか、自分で使ってみないとわからないもんです。

 

そこで、実際にUQWiMAXのWiMAX2+を使っている人の口コミをみてみてました。

 

この口コミはツイッターからの直の口コミなのでかなり信憑性があるはずです。

 


 

 


 

 

 

 


規制中のWiMAX2+、上りはベンチサイトで結果低めなのでftp-esの送信で計測、きっちり1Mbpsすな pic.twitter.com/3W0Bf4fc1N

— クレイジーな29歳のキャピキャピ (@black_ando) 2015, 7月 5

 

 


 

 

 

まぁ220Mbpsには程遠いですね笑

 

 

しかし5Mbps以上の回線速度があればほとんどのことができる

ただ、普通にネットをする際に100Mbpsや200Mbpsものスピードは全く必要がありません。
最低5Mbpsの速度があれば充分です。

 

youtube(360P:低画質)

0.5Mbps

youtube(480P:中画質)

1Mbps

youtube(720P:高画質)

2Mbps

youtube(1080P:超高画質)

3.5Mbps

hulu

2Mbps

NHKオンデマンド

2.5Mbps

Gyao

2.5Mbps以上

 

超高画質の動画ですら5Mbpsあればおつりが来ます。
ね??5Mbpsあれば充分でしょ??

 

光回線とかでも40~50Mbpsくらい出ます。WiMAXはそれに対して10~20Mbps程度です。
ですが、10~20Mbps程度の速度が出れば実際に何にも問題がないのは上記の表が示しています。

 

WiMAXの速度は期待しすぎないほうがいい

 

ということで速度に関しては場所、天候、時間帯、環境によって安定しないことがWiMAXには多いです。

 

しかし、ですね。それは光回線以外のどのネット回線にも同じことが言えます。

 

大手キャリアの携帯の電波だって、渋谷とか新宿のような大都会に来た瞬間につながりにくくなりますし、ADSLだってNTT基地局から離れれば離れるほど不安定になりますからね(ただし光回線に関しては安定している)

 

WiMAXの強みって速度の速さとか安定性じゃないと思うんです。
WiMAXの良いところは

 

「いつでもどこでもネットが使える」

 

「カフェでもファミレスでもネットが使える」

 

「外でWiFiモデルのiPad、スマホが使える」

 

「友達の家でパソコンでネットをつなげることができる」

 

「引っ越しが多い人で光回線を申し込んだら何度も移転しなければならないのでWiMAX一台あれば便利」

 

「フリーランスの仕事をしていて、外でインターネットを使うことが多い」

 

そういう本当にWiMAXが必要な人に是非使ってもらいたいと考えています。

 

関連記事:WiMAXは何故悪評が目立つのか??

 

ですから速度の速さとか安定性より、なんといってもルーターを手軽に持ち運べる
「便利さ」とか「手軽さ」それがWiMAXの強みなんじゃないかな、って思いますね。

 

だから速度には過度の期待はせずに外でネットを使える素晴らしさや手軽さに
価値を感じるべきじゃないかなって思います(安定性とか速度で選ぶなら絶対
光回線のほうがいいです)

 

 

まとめ

WiMAXは決して220Mbpsの速度が出るわけではなく、むしろ10~20Mbpsと表記の1/10程度しか出ません。
しかし、実際10Mbpも出ればインターネットをするうえで何も困ったことは起こりません。

 

個人的にWiMAXを使っていても速度そのものには不満はありません。
ライトユーザー~ミドルユーザーの方が使う分には強くお勧めします。

 

WiMAXを「一番お徳に」契約しよう??


WiMAXはプロバイダによってキャッシュバック額が数万円変わってきます。


当サイトではWiMAXプロバイダを徹底的に比較しました。


一番「お徳に」WiMAXに契約しよう!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


WiMAX2+の口コミ、評判!本当におすすめのプロバイダはどこ??